swincoチャリティーカレンダー2018 寄付金額のご報告

3月のレッスンスケジュールUPしました。

※武蔵小杉教室は 第2、第4水曜
(祝祭日の場合は休講となります)

swincoです。

横浜は、戸塚、大船、湘南鎌倉エリア
の自宅サロンと
武蔵小杉教室にて
ポーセラーツを。

そして

自宅サロンと
表参道教室(原則第2火曜日)

お花の教室を
ひらいています
top_photo_preview
本帰国後も続けているチャリティーカレンダー
人のためなんて大層なものでもなく
良い人ぶってるわけでもなく
一番お教室の仕事がいそがしくなる年末に販売する
カレンダー
くじけそうにもなるのですが
ぶっちゃけ 笑
1円の儲けにもならない
むしろ
やればやるほど自分の時間とお小遣いが減るのですが

それでも何故続けるのかは

達成感と充実感と仲間との信頼関係を感じることができるから
相当のどMなのか 笑

「来年も作ってください。」
「クリスマスプレゼントに配ります。」
「お年賀で配ります。」
「実家の母も楽しみにしてくれています。」
「今年のカレンダ−も素敵です。」
「もう完売しちゃったんですか?来年こそは!」
「ボランティア活動とかできないけど、これを買うと寄付ができるなんて!」

そんな風に言ってください人がいるから

そして今回初めて、
カレンダーにまつわる一人一人のストーリーがあることを
何人かの方からメールを頂き分かったから

毎年発送時にお名前を入力するたびに
どういう経緯でこのカレンダーを知ってくださったのかな?
今年も買ってくださってる♩と思う方が数名いらっしゃいます。
知り合いでもない方なのに、、ありがたいな。
と毎年発送するときに思います。

そんな中、何人かの方が直接メッセージをくださいました。
6年作って初めての事です。
その方々のお話を拝読して胸が熱くなりました。

カレンダーは未来の暦です。
忘れがちだけど
全ての人がめくれるわけではありません。

幸運にもめくることができる人は
四季のお花とともに
少し先のご自身の未来を想像して
ワクワクしてもらいたいです

そして
このカレンダーの収益で経済的に恵まれないインドネシの子供達の
就学支援になるとお考えいただければこれ以上の幸せはありません

気がつけがもう3月。
来月も再来月も私の愛と気合!の詰まった
swinco元気印のカレンダー 笑
をめくってくいただけますように

_MG_3380

【2018 swinco チャリティーカレンダー寄付金額のご報告】

2018年チャリティーカレンダーをご購入頂いた皆様。
本当にありがとうございました。

今年も2017年内に1000部完売する事が出来ました。
今回で6冊目となったチャリティーカレンダー。

作成に携わるメンバーもほとんどインドネシから離れ、
もはや作成は無理かと覚悟していましたが、

今回から日本でカレンダーを作成する事で継続できました。

本帰国してもなお続ける事が出来るのは、
ひとえに、ご理解、ご協力頂ける皆様がいらっしゃるからです。

そして
すでに1人ではカレンダー作成、販売する事が出来ない規模になり、

毎年快くお手伝いしてくれる仲間がいてこそ成り立っています。

皆様のご理解、友情、信頼、固い絆を
チャリティーカレンダーを通じて感じる事が出来き、
私は本当に幸せ者です。

 

昨年の寄付金は、小学校のトイレ、
手洗い場の増設費用等に充当させて頂きました。
(皆様にご報告済み)

今年は、前年度の繰越金もあり約40万円程度の寄付となりました

本当にありがとうございました。

 

2019年も引き続きチャリティーカレンダーを作成できるよう
皆様のご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。

  

⚫︎日本販売数800部
寄付金額(純利益)201,100 円 

⚫︎ジャカルタ販売数200部
前年繰越金 8,542,000Rp
今年純利益 13,500,000Rp
寄付金額 22,042,000Rp (約22万円)
為替差損回避の為、円に換金せずJ2netジャカルタへ寄付致します。

 

チャリティーカレンダー販売の全利益をJ2netジャパン 及び
J2netジャカルタに寄付する事を誓います。

 

swinco 新古康子
清水おり恵 

Special Thanks
岩畔由紀子
荻野真由美
2018年カレンダーつめつめ隊メンバー

Terim kasih banyak
sampai jumpa lagi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>